Fortegreen.png
初心者向けの記事です
この緑のバーが表示されている記事は、これから始める人向けで、ゲームの仕組みや対処法を知る上で非常に参考になります。

緊急会議の設定、緊急会議ボタン、ボタンのクールダウン、その使用方法、メカニズムなどの詳細をご覧ください。

目次

  • 緊急会議とは
  • 効果的に使用する方法
関連記事
遊び方とルール 最適な設定ガイド

ゲームの詳細についてはこちらをご覧ください

緊急会議とは

すぐに召集する方法

緊急会議の仕組み
1 地図上の特定の場所にあるボタンを押すことでのみ開始
2 各ラウンドの開始時に所定のクールダウンがある
1プレイヤーにつき所定回数のみ使用可能
4 サボタージュ中には開始できない(ドアは含まれない)

緊急ボタンと、ひいては緊急会議は、クルーにとって非常に重要なツールです。誰もがやっていることをやめ、ディスカッションセッションを行い、潜在的に誰かに投票するか、スキップすることを強制します。緊急ボタンを使えば遺体が発見されていなくても投票をすることができます。

クルーごとの限定使用

搭乗員が緊急ボタンを押して緊急会議を開始できる回数は、ゲームの設定によって異なります。最近オンラインでプレイされているゲームの大部分では、制限はクルーメイトあたり1回の使用です。これを賢く使って、無駄にしないでください。これは、クルー間のコミュニケーションを増やす重要な方法です。

ラウンド開始時のクールダウン

ゲームの設定によっては、緊急会議の試合開始時にクールダウンが発生する可能性があることに注意してください。つまり、会議が終了しても、すぐに会議を開始することはできません。インポスター達のキルは最初のクールダウンがありますが、これはゲームの設定によって決まります。

キルのクールダウンが緊急会議のクールダウンよりも長い場合、問題はありません。ただし、インポスターがライトをサボタージュする可能性があるため、時間内に反応する準備をしてください。

ゲームの設定については最適な設定ガイド

緊急会議を効率的に使用する方法

キルを防ぐ

緊急会議の最も明白な用途は、殺害を防ぐことです。例えば誰かが通気口から出てきていたら、すぐにボタンを押してください。インポスターが追いかけてくる可能性もあります。

クルーのコミュニケーションを改善するために使用

緊急会議を効果的に使用する1つの方法は、クルーの間のコミュニケーションを最大化することです。

  • タスク情報を共有
  • 特定の場所へのグループ行動を計画
  • 誰が疑わしいか

などを話し合うのがお勧めです。

タスクとグループとの行動を共有する

タスクの共有は、最後の方で特に大切です。会議を始め、残っているタスクについて話し合うことをお勧めします。その時点で、少なくとも2人が一緒に同行し(1人のインポスターが残っていると想定)、その場所に移動して確認します。

これは、ビジュアルタスクで無実を証明して行うのが最適です。ただし、すべての人に対してクルーだということを証明した場合は、インポスターによってより断定的にターゲットにされる可能性があるため、一人で移動しないでください。

クルーメイトのヒントとガイドでプレイする方法に関するヒントを読んでください。

戦略

Sabotage.png
緊急会議に関する戦略セクションを見たい場合は こちら.
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。