Fortegreen Crewmate.png
この緑のバーが表示されている記事は、これから始める人向けで、ゲームの仕組みや対処法を知る上で非常に参考になります。

詐欺師 を見つけることは、 Among Us で最も重要な クルーメイト の目的であり、詐欺師が避けなければならないことです。

概要

Among Us では、クルーメイトは詐欺師と思わしき人物に投票し、追放 することができますが、これは信用と確信に基づいた賭けになります。詐欺師は他のクルーメイトになりすまそうとしますし、クルーメイトは詐欺師ではないプレイヤーを疑うこともあるからです。

詐欺師を発見するには

いくつかの方法では、100% 確実に詐欺師だと断定することができます。

  • 詐欺師が殺害するところを直接見るか、 監視カメラ で見かけること
  • 詐欺師が 通気口 に入るところか、出るところを見ること
  • 部屋に入ったとき、部屋に誰がいるのかを覚えておきます。一度その部屋から出て出入り口を見張り、その部屋に居なかったプレイヤーが出てきたとき、そのプレイヤーは通気口を使ってその部屋に入った詐欺師である、ということになります。
  • 詐欺師がタスクを偽装し、タスクゲージが上がらないことや、タスクの順番を間違えていることを確認したとき
    • タスクゲージは、あるタスクを完遂したときのみ上昇することに注意が必要です。例えば 動力偏向 タスクでは、 電気室 で動力を偏向したときにはタスクゲージは上昇せず、 障壁室 で動力を受け取ったときに初めてゲージが上昇します。
      • 設定によっては、緊急会議が開始されるまでゲージが上昇しない設定となっいることがあります。試合開始前に確認しましょう。
    • タスクの順番は、例えば データダウンロード のような、順番が存在するタスクで重要になります。Skeld では、 データダウンロードは必ず 管理室 が最終目的地になります。従って、プレイヤーが先にアップロードのために管理室に訪れた場合は、そのプレイヤーは詐欺師であるということです。
    • MIRA HQ植物への水やり では、プレイヤーが ストレージ で缶に水を先に入れず、植物に先行した場合は詐欺師であると言えます。
    • そのゲームでやる必要が無いはずの 共通タスク電線修理 など)をやっているプレイヤーは詐欺師です

詐欺師と疑わしい行動

詐欺師と疑わしい動きをしていても、それが必ず詐欺師であるとは限りませんが、注意深く観察することで兆候が見えてくることもあります。 以下のような行動が「疑わしい」行動となります。

  • 特に目的もなくぶらつき、タスクをこなしているように見えない
  • 死体から離れようとする
  • サボタージュ 発生時に手伝わない
  • 追放したプレイヤーがクルーメイトであったことを非難する
  • 可視タスク があるとき、それをごまかした
  • 誰にも割り当てられていないはずの共通タスクをこなすように見えたり、割り当てられているはずの共通タスクを見過ごすこと
  • 複数のクルーメイトが側にいる状況で、短いタスク しかやらず、他のクルーメイトがタスクを済ませたのと同時にタスクを離れること

例外事項

プレイヤーが疑わしい動きをしていても、それを追求する前に考慮するべきことはあります。

  • タスクを全て終わらせたプレイヤーが、疑わしい動きをしているプレイヤーを見て回っているかもしれません。
  • 死体があっても、テーブルの影で見えていない可能性があります。
  • 一部のプレイヤーは、特に理由もなく追放されるために疑わしい行動をすることがあります。
  • 色弱のプレイヤーは、プレイヤーの色の区別をつけるのが難しい可能性があります。クルーメイトが不当に追放されたとして、色を間違えていた可能性もあります。…無論、滅多に無いことではありますが。

詐欺師の可能性を排除するには

参考: 可視タスク

  • 可視タスクが可能であれば、そのプレイヤーが詐欺師でないことを確認できます。いくつかの方法で、プレイヤーが他のプレイヤーを 100% 確実ではないにせよ、大いに信用を得ることができます。
  • プレイヤーが短いタスクの前に 1 人で居り、タスクゲージが上昇するのを確認し、かつ周囲に誰も居ない場合、詐欺師がタスクを偽装して遂行した可能性は極めて低くなります。
  • 緊急会議 のとき、積極的に情報を共有しましょう。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。