Sabotage.png
これは インポスターの戦略についての記事です。
このページに戦略を追加できます。 ただし、ゲームの能力と特性に関連している必要があります。 そうでない場合、戦略は削除されます。

よく使われる進め方

1 人でラッシュ

  • 開始直後から積極的に殺害を狙い、最低 2 人を素早く殺すことは、グループがばらけている状態である限り有効です。インポスターが 2 人であれば、各々が同時に殺害を繰り返すことで効率は倍になります。
  • この方法は、インポスターを捕捉するより素早いタスク完遂を目指すグループに対してはより効果的です。
  • 素早くタスクを完遂するにあたり、早々に人数が減ることは普通は良くないため、序盤なら疑わしい行動を取る人でも投票されない傾向があります。
  • 照明妨害を行って証人の近くで安全に殺害し、通気口を使って照明を回復しましょう。
  • クールダウン後にすぐ殺害を行えるよう、管理室 で位置を確認し、通気口を使って孤立した人を狙いましょう。
  • 多数派に投票し、投票が引き分けになることを避けましょう。
  • 時間との勝負になるため、殺害を繰り返すより殺害とサボタージュを上手く使い分け、クルー側のタスク進捗を低く抑えましょう。
  • ゲームを通してアリバイを確保する動きにならないため、死体を自分で報告することは危険です。

2 人でラッシュ

  • 開始時に相方のインポスターと組(バディ)を作るようにします。本体の少し後ろを追いかけて、通気口の付近にいる 2 人に殺害を仕掛け、素早くその通気口に逃げ込みます。
  • 運が良ければその場のクルー間で議論が起こり、2回の死に気づかないことすらあります。
  • 疑惑が持たれているプレイヤーに 2 人で投票すれば、大体の場合でそのプレイヤーを 追放 に持ち込めます。怪しまれない程度に上手く票を合わせるようにしましょう。

3 人でラッシュ

  • クルーを可能な限り速く殺害します。各インポスターでこれを行えば、あとは 1 人のクルーに票を集めれば勝利となります。

1 人で手堅く

  • 安全に殺害するのではなく、まずグループに溶け込み、大きなグループに張り付いて無実を装いましょう。この場合、タスクを偽装してもあまり気づかれません。
  • 少数のメンバーについていったり、タスクをこなすことで信頼を得て、そのグループが他の作業をしている間にそのグループ外のメンバーを殺害しましょう。
  • 誰かが 視認タスク で無実を証明したいと言い出した場合、そのクルーからの信頼を得ることが出来るので、快く引き受けましょう。
  • 死体が見つかったときにアリバイが確保できる考えがあるときに限り、殺害を行うようにします。
  • ゲームの後半で上手くメンバーを排除すればグループを崩すことができると考えられる場合、そのメンバーを殺害して自己申告するというリスクを取る手もあります。
  • 投票のときは中立的な立場を保ち、問い詰められたり非難されても自信を崩さないようにしましょう。最初から積極的に他のプレイヤーを投票で潰しにかかるのはおそらく良い方法でないためで、会話をリードすることは避けつつも、問い詰められた場合でも自信を持って対応しましょう。
  • 自分がどこに居て、誰かを殺害したときに何のタスクを行うことができたかを把握することに時間を割くようにしましょう。
  • タスクバーが上手く自分のタスクの進捗を示せるように気を使いましょう。
  • 自分のタスクを終了させたことにした後は、カメラを見るようにします。
  • 手堅く進める場合は、サボタージュを上手に使う必要があります。照明妨害は非難されるリスクを回避しつつ、積極的な行動を行えるため特に有効です。
  • ドアを使って安全に対象を殺害したり、クルーを締め出して互いの不信を煽りましょう。

2 人で手堅く

  • 相方と距離を置き、異なるアリバイを確保するようにして投票されないようにしましょう。ただし、互いを擁護しすぎると疑惑が増すので注意が必要です。
  • 1 回のサボタージュで複数のクルーを殺害できるよう、互いにマップの反対側で動くようにしましょう。

よく使われる戦術や方法

  • ドロップ・キル (Drop Kill) - 下船場所や開始位置があるマップ(初期開始位置と、緊急会議後の再開地点が異なる MIRA HQ や Polus のようなマップ)で、開始クールダウンの消費も兼ねて殺害する前にタスクを偽装します。その後殺害を行い、何らかのサボタージュ(「照明妨害」が望ましいです)を仕掛けて逃げます。これらの一連の行動を確認し得る開始地点の付近にいるような人に出くわすと、当然告発されてしまうので注意しましょう。
  • デス・チャンバー (Death Chambar) - Skeld や Polus で、 管理室 に向かい、孤立しているクルーを探します。発見した場合はその部屋を閉鎖し、監視カメラが動作していないことを確認しつつ、素早くその部屋へ通気口を利用して押し入ります。殺害後は照明妨害を行い、殺害と通気口からの脱出を安全に行います。この方法は死体は照明が回復するまで見つからず、誰かがその部屋に居たかどうかも分からないため、疑いが掛かりづらい方法です。ただしこの方法は、その部屋にサボタージュで閉鎖可能なドアと通気口があることが前提です。素早くドアの閉鎖を行うことが重要で、続くクルーがその部屋に入ることを阻止できます。もしクルーにその部屋に入られてしまった場合は、通気口の中で立ち往生することになるでしょう。事前に通気口の位置や接続関係を把握し練習しておくことは、この方法を成功させる確率を高めることに繋がります。
  • タスク・キル (Distracted By Task Kill) - タスクを遂行しているとき、プレイヤーのディスプレイ上はタスクのウィンドウで覆われて注力することになるため、周囲への注意は散漫になります。つまり、 カード読み取り のようなタスクをしているクルーの近くにいる人(タスクの進捗監視や、アリバイ作りのために一緒にいるような人など)を殺害することが可能です。ただし、タスクをしているクルーが本当にタスクをしているのか、インポスターを捕まえるためにタスクをしているフリをしているのかを見分ける手段が無い(「タスクが終わった後」ではなく、「タスクをしている最中」にタスクをしているかどうかはゲージを見ても分からない)ので、ハイリスクハイリターンな手段です。
  • ベント・ボディーキャンプ (Vent Body Camp) - まず通気口よりやや離れた場所にいるプレイヤーを殺害し、殺害現場にクルーを誘導しないようなサボタージュを行い、隠れて殺害のクールダウンを待ちます。クールダウン回復後は通気口に隠れ、他のクルーがその部屋に入ったとき、そのクルーを殺害して発見報告をされないようにし、再度同様のサボタージュを行います。この方法は概ね良い方法ではなく、クルーは今まで全く会わなかった人を見たり、怪しいと感じる人が居た場合は単純に緊急会議ボタンを押してしまうからです。
  • ライト・キル (Light Kill) - The Skeld マップで、ゲーム開始時に 医務室 へ向かい、殺害のクールダウン終了後、照明妨害を行い、通気口から電気室に向かいます。電気室に到着した最初のクルーを殺害し、すぐ通気口に逃げ、続けて入ってくる人を疑うようにします。この方法は、死体となったクルーがその前に他のどこでも見かけられてないことになるため効果的です。
  • サボタージュ・ファイナルキル (Sabotage Final Kill) - ある程度人数が減った状況で、リアクターメルトダウン等の勝利に直結するサボタージュを行い、解除場所の近くで待機し、到着したクルーを殺害します。死体が見つからない限り止められることはないため、大体勝てます。
  • イミュニティー・キル (Immunity Killer) - 医務室のスキャンや 可視タスク 等でクルーであることが確定したプレイヤーは、最優先で殺害する必要があります。クルーであることが確定したプレイヤーは、そのゲームでは最も信頼されることになるため、そのようなプレイヤーに疑われた場合は確実に追放されることになるためです。
  • パブリック・エネミー No.2 (Public Enemy No.2) - 怪しまれてはいるがクルー側のプレイヤーがいる場合、そのプレイヤーを直接殺害するのではなく、そのプレイヤーに対して疑いを掛けたプレイヤーを殺害するようにします。また、上手く同点に投票して投票機会を無駄にし、自分へのプレッシャーをかわすようにしましょう。
  • 自己報告 (Self-reporting) - 単純に、自分で殺害した死体を発見報告します。他のクルーと一緒に居て「発見」し信頼を得られることが想定される場合や、他のプレイヤーに罪をなすりつけて勝利できる場合に用いられます。当然ながら、何度も利用しては効果が薄れて疑いの対象になり、Polus のように生命反応でクルーの生存をすぐ確認できる環境では危険です。
  • クラウド・キル (Crowd Kill) - 照明妨害や通信妨害等のサボタージュで 4 人以上を 1 ヶ所に集め、互いが重なっているときにタスクを行うふりをして殺害を行います。互いが重なっているため疑惑をかわすことは簡単で、さらに別のクルーを追放することすら可能です。ただしこの方法を複数回使うと、常にあなたがグループの中に居ることから疑いを持たれる可能性が高くなります。
  • カム・キル (Cam Killing) - Skeldで、医務室や監視対象の場所で監視カメラのライトが付いていることを確認した場合、通気口経由で素早く殺害を行い、簡単に逃げることが出来ます。
  • 会話 (Talking) - 緊急会議の間、必要に応じ程々に話すようにしてください。黙っていると、他のプレイヤーから大いに疑われることになります。ただし過剰に話して悪目立ちして追放されたり、墓穴を掘るのは本末転倒であるため、常に一定の調子で話すようにしましょう。
  • Beat the Admin Table - Many people don't regard the power of the admin table, both Crewmates and Impostors. The admin table is a lethal weapon, and if used and abused right, it can guarantee a win. If you are An Impostor on MIRA HQ, the admin table is especially efficient at catching Impostors venting because there are no blindspots with a vent. It is super important to only vent on MIRA HQ if you are certain no one is in Admin. The Join Them strategy is super effective for an admin kill if you are the last Impostor on MIRA HQ with two other Crewmates because killing someone in the admin room sets both the bait and insurance and alibi. On The Skeld, the admin table is more useful for checking out players' alibis. Because the map is small, it is easy to catch a self-report. It is also easy to check out where people claimed to be when a meeting is called, so make sure to only lie about where you are if you are sure no-one can disprove you. Polus is the only place (currently) where the admin table has less power because of the map's huge size and massive blindspot, therefore negating its ability to catch venting.
  • 無知を装う (Play dumb) - 一例: あなたと相方(インポスターが 2 人か 3 人の場合)は、致命的サボタージュ(リアクターメルトダウンや酸素遮断)を行い、各々が修理に向かうフリをしました。そのとき、誰かが近づいてきたら殺害を行います。その後、実際にサボタージュ対応して発見報告をするか、誰かが発見報告をしたとき「サボタージュ対応をしていて何も見ていない」と話をすれば、おそらくあなたを信用するか、発見報告をしたプレイヤーが自己報告をしたことを疑います。この方法は、インポスターがちょうど 2 人のときに行うのがベストです。
  • 相方を切り捨てる (Betray your Impostor teammate) - もし相方があなたの目の前で殺害した場合、発見報告を行い見たままの通りを伝えます(とはいえ、相方の仲間だと言われる可能性はあります)。この戦術は「無知を装う (Play dumb)」戦術を行っている場合に有効ですが、クルー側がすぐ殺害現場を見た場合、あなたも同様に告発されて追放されることになります。これはクルー側が同様に「味方を切り捨てる」戦術を行ったということになります。
  • Play Dumb strategy, if they're quick though, they can pull a self-report on you and blame you, then you'll be voted off, implying you've been played with the same strategy you tried to use. This strategy will also likely gain you some enemies in the lobby, as the trust you should have will be lost.
  • Do not fake common tasks that you don't have: Example: If you have the Swipe Card task but not the 配線修理 task, do not fake the Fix Wiring task as it is a common task that no one else has (unless the common tasks are shared among the other Crewmates).
  • Do not fake visual tasks - Faking tasks you don't have is a bad idea, but faking tasks with visible animations is worse (because the animations don't play for An Impostor). Unless visual tasks are off, do not fake any of them or you will be very quickly discovered and ejected.
  • Self-Report if seen by a Crewmate - If you kill somebody, a Crewmate sees you with the body, report it, and accuse the person that saw you. The people will believe more in you since you reported the body. However, they may vote you out via Emergency Meeting next.
  • 集団に紛れ込む- 照明妨害し、単独でいる人を殺します。その後、ライトがまだ消えているうちにクルーの集団に出向き、照明妨害が回復するまで共に行動します。一緒にいた乗組員があなたがベントに飛び込むのを見ない限り、あなたはしっかりしたアリバイを持っています。
  • Prank them - If you get caught and are about to be voted out, say that the other Impostor is someone who is a Crewmate. They will most likely believe you and vote their fellow Crewmate off. The results are both practical and hilarious.
  • 他の誰かを非難する(Blame someone else) - 2人がお互いを疑っている場合は、そのうちの1人を殺します。たとえば、オレンジとグリーンがお互いにぶつかったら、グリーンを殺します。 会話は自然にオレンジに移りますが、オレンジが無実を証明した場合、最終的にあなたが犯人だと告発され、あなた自身の追放につながるので、これを行うときは注意してください。
  • Decide Your Teammate's Fate- If someone accuses your teammate, do not defend them because if they are revealed as An Impostor, then you will be ejected next, so instead of defending, play along in order not to look sus.
  • Kill if someone caught you venting - If someone catches you venting, they'll probably run for the emergency button. Sabotage something to lock them out of calling a meeting, or close the doors and kill them before they can get into the Cafeteria, or (Office in Polus)
  • Do not kill suspicious Crewmates - If multiple people have suspicion on one or more Crewmates, do not kill them because it will prove that their suspicion was wrong and may start suspecting another person (including you). Instead, you can kill the suspectors so that the Crewmates will start suspecting the suspicious Crewmate more, ultimately leading to him/her being ejected.
  • Unseen Killer - Every other round, make sure cameras are not on and vent as soon as possible. Vent around until you find a kill you can get away with. Lock the doors in their room, come out of the vent, kill them, and sabotage the lights. When the lights are sabotaged, vent to electrical and kill the first person who tries to fix the sabotage. Go back in the vent, and if nobody fixes the sabotage for more than 60 seconds, fix it yourself. When a meeting is called, act natural. Say you were in places nobody can confirm you weren't. If done right, this strategy pretty much guarantees that you win, but be careful. If anyone is on the admin panel or cameras, you'll likely be found out.
  • Impostor and Crewmate - Try to make a friend in the lobby. After making said friend, vouch and buddy up with them for a couple of rounds. Now, they're most likely always going to pair up with you. They're an immediate alibi. Get kills by either getting An Impostor buddy to rack up bodies or sabotage lights and run from your buddy. This is a very good strategy, but pretty hard to pull off. It will also help in Crewmate rounds.
  • Sneaky Kill - Look for a Task that you know covers up a vent. If someone's doing it, come out of the said vent, kill a different Crewmate, and either lead someone close by over, being careful not to look suspicious or self-report it, accusing the person who was near the body. This is a very efficient way of self-reporting, as it avoids people using Admin and abilities like so to find you out.
  • Do not accuse verified Crewmates - Never accuse Crewmates who are verified (did a Visual Task in front of one or more people, confirming that they are not An Impostor). Other Crewmates will point out that they are verified, and the conversation will naturally shift to The Impostor, who pointed fingers, potentially leading up to their ejection.
  • Be careful when lying about your location. It can be tempting for An Impostor to say that they were somewhere else when a body was discovered. Still, this tactic can backfire if they are traveling with a group or a buddy (in which case their lie will probably be called out) and can also backfire if someone was watching the Admin panel when the body was discovered (i.e., someone lied that they were in Navigation when there was no one there).
  • 両端サボタージュ - The Skeldにて左側にいる誰かを殺した場合は、右側のO2妨害を行います。 同様に、右側の誰かを殺した場合は、左側のリアクターまたはライトを妨害します。 ただし別の乗組員が死体のある部屋に入った場合、それを報告され、そこから出てきたあなたが追放される危険があります。
  • Camera Killer (The Skeld). If you see someone on the Cameras and someone going to electrical to download, vent from Electrical to Cams, and kill the guy on cams. It's better to use this strategy then killing the guy in Electrical because if you kill the guy in Electrical, then the guy on cams will sus you. On the other hand, if you kill the guy in cams, then the Crewmate in electrical will not suspect you cause he thought you were doing the same task as him and say you are safe. Also, Admin can lead that guy away from security because that is always the last place for uploading data. If you are lucky, the guy who reported the body might be voted off because the guy who did data download and upload might say that he had self-reported if there are three people left.
  • Playing With The Crewmate On Cams- In every game, there are blind spots. For example, on The Skeld, there is a blind spot in the vent from weapons going to ナビゲーション, as simple as possible, killing the person in Navigation and accusing the one who reports it afterward a self-report. As dumbly who the camera guy was and what they saw, they will undoubtedly say that they saw no one going in except the one who reported the body, and you framed them successfully. Let's hope the guy who didn't report it isn't your other Impostor partner.
  • Have a strong alibi - Always have a strong alibi and map out the tasks you would have been doing while killing. People will vouch for you and clear your name; thus, you can kill people without being suspected.
  • Lights on Polus Strategy Try This Out- A risky strategy but a worth strategy is if you stay at the very bottom lower lights of Electrical in Polus, and wait for the first Crewmate to come around, then kill them. The second Crewmate will come around but will not see you at the bottom left because of their obscured vision. Most of the time, when the second Crewmates looks for anyone around, it will be in security. Later onward, say you are in the weather node next to Reactor because usually no one is there, and they can't see you on the Admin table.
  • Try to do a double kill with your teammate. Stay close to him/her and find two victims, once in a very secret place (e.g., Decontaminations or Electrical of Skeld, finish them and vent away.
  • Quick-Cafe-Kill - If a Crewmate catches you vent or generally act suspicious, they'll probably click the Emergency Meeting button. If possible, vent to the Cafeteria and wait for them. Kill them once they arrive. This will not work if there is a group at or going to the Cafeteria. Make sure to vent away before anyone sees you.
  • Sabotage + Admin - This strategy consists of making people accuse themselves. Go to Admin, find two people together, and close their doors. The people will think one of them tried to kill them and start running to the emergency button. After one of them is ejected and shows that they are a crewmate, sabotage Reactor/O2, people suspect more about the person who accused his partner. Don't repeat this strategy too much because people will suspect something wrong, like all crewmates accusing themselves and then sabotaging, and somebody watching the admin map too much.
  • 偽装報告 - ベントバイタルアドミン、あるいは死体に関する情報(位置、数)などについて、虚偽の報告を行うことで混乱を誘うことができます。
戦略
ロール クルー · インポスター
アビリティ 通報 · キル · サボタージュ · 通気口 · 監視カメラ · 管理 · ドアログ · バイタル
ゲームの仕組み 緊急会議 · 投票
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。